Img_056574e095b077e17333af983447f8f4
Img_64b54951332264d7fde69ebd66da0fe2
普段アロマテラピーですべてのスキンケアをしている私ですが、
これから1つ日記のジャンルを増やし、いろいろなアロマ美容
を皆様にご紹介しようと思います。


今日はローズヒップオイルについての美容レポートです。
この植物油の肌への作用や使用感、美容アイテムとしての
取り入れ方などをご紹介します。

すでにアロマをされている人からすると、え!?いきなり
ローズヒップオイル!?と言われてしまいそうですが、
スキンケアの王道オイルの作用を最初に体感する事で他の
オイルを比較していこうと思います。

ローズヒップオイルはアロマテラピーでは欠かすことのできない
植物油(キャリアオイル)の1つです。
(植物油/キャリアオイルについての詳しい説明はまた別の機会に
ご紹介します。)

この植物油は特に美容に良い成分が含まれている事で知られ、
価格は植物油の中では高価な方に入ります。
ボディケアはもちろんですが、これだけでも美容液として
成り立つ事からスキンケアに使われる事が多い植物油の1つです。


ドッグローズやワイルドローズと呼ばれるバラの種子を圧搾する方法
で得られる植物油で、主な成分はリノール酸、α‐リノレン酸です。

ローズヒップオイルが美容に良いのは有名な話で知っているけれど
具体的にどう良いの?という方のためにその理由をご説明します。

ローズヒップオイルの成分には不飽和脂肪酸が多く含まれます。

☆リノール酸(多価不飽和脂肪酸)←オメガ6系脂肪酸
☆α‐リノレン酸(多価不飽和)←オメガ3系脂肪酸

どちらも私達の体内で作る事の出来ない成分ですが、必要な成分でも
あります。

では美容の観点から主にこれらの成分が肌にどんな恩恵をもたらして
くれるかをご紹介します。

1つは細胞膜をうまく機能させる事で肌の調子を整えてくれます。

どういう事かというと、私達の皮膚にはバリア機能が備わっており、
それが正常に機能する事で健康な肌の状態が保たれる事になります。
このオイルはそのバリア機能を上手に機能させる手助けと、皮膚の
細胞分裂を活性化させる事で皮膚の再生を促してくれるのです。

2つめは肌にうるおいを与えてベストな状態にしてくれます。

2001年の研究報告でローズヒップオイルは皮脂腺の機能を調整
したり、炎症を抑えるほか、傷口が治りやすくなったりする事も報告
されています。

皮脂腺は水分の蒸散を防いで、肌(皮膚)のうるおいを守る役割を
果たしています。ですので潤いの状態を調整してくれる嬉しい
作用を持っている事になります。

オイリー肌の方はそれが改善されべたつきが抑えられ、ドライスキン
の方は潤いがでるように調整される事が期待できます。

3つめはアンチエイジングの作用で老化を抑制してくれます。

更にはコラーゲンの合成や小さな血管の血行が改善されるので皮膚の
老化が抑制されると考えられています。これが一般的によく言われる
アンチエイジングの作用です。

コラーゲン配合の化粧品などはありますが、皆さんはコラーゲンは
皮膚の上から塗る事では生成されない事をご存知でしょうか?

アロマテラピーでは植物油や精油を用いて、皮膚がコラーゲンを作る
力をサポートする事でアンチエイジングを始め様々な美容の目的に
利用する事ができます。

また血行が活性化するという事は皮膚に酸素や栄養をしっかり運ぶ事
になり、その結果シミやシワを作りにくいお肌を作ることになります。

それではここからが実体験レポートになります♪

■使用前の肌の状態
混合肌。特にトラブルなし。少し潤いが足りないかなと感じる
レベル。フェイスラインから顎の下にかけて少しブツブツとした
触り心地(ここ数年ずっと)がする。

■使用オイル
オーガニック ローズヒップオイル 25ml

■使用方法:
洗顔後→化粧水→ローズヒップオイルの順でスキンケア
(精油などの添加はせず、化粧水の後保湿の目的としてローズヒップ
オイルのみを使用)

■価格帯の参考(数社の平均価格)
□ ローズヒップオイル 25ml 約1,000円
□ オーガニック ローズヒップオイル 25ml 約2,200円

■使用期間
2019年1月17日 夜から 現在進行中

ローズヒップオイル体験レポート

1週目

使い始め1、2日目の印象としては香りが気になるなぁという感じ。
食事にオメガ3,6などを食用オイルとして取り入れている人なら
その時に感じる香りを顔周りに感じるので少し気になるところです。
肌の状態は柔らかくもっちりとした感じがあり使用感は好印象
でした。
朝、晩の2回の使用で、3日目頃から独特の香りに慣れてきて
あまり香りは気にならなくなってきました。

個人的な肌トラブルですが普段からフェイスライン~あごの下に
かけて触ると感じるブツブツとした感じがあり(人に見られて分かる
レベルのものではなく当人が触ると分かるレベルの小さなブツブツ。
ニキビの小さな芯のような、小さな脂肪のかたまりのようなもの)
せっかくなのでそこが改善されるか、試しにお顔のケアと一緒に顎
から首にかけても優しくマッサージをする事にしました(2日目から)
7日頃からあごの下がつるつるになりブツブツした感じがほとんど
なくなってきました。

2週目

あごの下あたりがつるつるになり嬉しかったのですが、9日目あたり
からスキンケア後にまだ潤いが足りない様に感じ、皮膚が乾燥して
きたので10日目の夜はメイク落としにこのオイルを使用してから
洗顔→化粧水→オイルの順でケアをしてみる事に。翌日11日目は
調子が良かったのでその後も乾燥が気になる日はメイク落としにこの
オイルを使いました。

3週目

現在使用開始21日目でオイルの残量は1/3程。母と2人で朝、晩
と2回使用し、たまにメイク落としもしているのに、まだまだ残量が
あります!

4週目、5週目

引き続き同じ方法で使用を続ける。この間月経前後などで肌の状態が
変化し、吹き出物などが出来るが、小さいものが少し出来るだけで、
安定した状態が続いた。5週間と3に注目で2人で使用してきたロー
ズヒップオイルがを使いきりました。

ローズヒップオイル使用の感想

2人ともこれだけの保湿では不十分。でも肌は柔らかくキメの状態が
ずっと良いいので美容の目的は果たせているのではないかという感想
です。

ローズヒップオイルを使うスキンケアのアドバイス

肌のキメを整えてくれたり、エモリエント作用(肌を柔らかくする作用)
はありますが、保湿の作用が必要な方はフェイスクリームをプラスする
と良いかもしれません。
逆に言うとべたつかないオイルなので梅雨や、夏などさらっとしたスキン
ケアをしたい時期の美容オイルにはちょうど良いです。
香りが気になる方は、ローズ・オットー、ゼラニウム、カモミール・
ローマン、ローズウッドなどしっかり芳香して、美容にも良い成分が
入っている精油などを、10mlならば1滴、20mlならば、2滴
垂らして使用してみてください。


※使用するオイルの産地、生産時期、加工メーカーなどにより、同じ
原料植物から採取される植物油であっても、成分に差がでます。また
使用する人によっても皮膚の反応は様々ですので、その点を考慮して
参考にしてください。