Aroma Beauty & Craft School

アロマテラピーとは

AEAJ認定講師
京都
アロマテラピースクール

アロマ HP .png 

 

■アロマテラピーとは

 

花の香り。フルーツの香り。森の香り。
植物の香りは、私たちの心や身体にさまざまに働きかけます。
アロマテラピーは、植物から抽出した香り成分である精油(エッセンシャルオイル)を使って、心身のトラブルを穏やかに回復し、健康や美容に役立てていく自然療法です。

 

 

■アロマテラピーの目的とは

 

 ●心と身体のリラックスやリフレッシュを促す

 ●心と身体の健康を保ち、豊かな毎日を過ごす

 ●心と身体のバランスを整え、本来の美しさを引き出す 

 

 

■精油とは

 

 

精油は植物の香り成分を抽出したエッセンスです。

花や葉、果皮、根などを蒸したり、皮を搾ったりして抽出します。精油1kgを得るために、ラベンダーなら花穂を100~200kg、ローズなら花を3~5トンも必要とします。
大量の原料植物から、ほんの少ししか採れない貴重なエッセンスです。

※ 産地や生産条件などにより異なります。

 

精油(エッセンシャルオイル)は、植物の花、葉、果皮、果実、心材、根、種子、樹皮、樹脂などから抽出した天然の素材で、有効成分を高濃度に含有した揮発性の芳香物質である。各植物によって特有の香りと機能を持ち、アロマテラピーの基本となるものである。

 

 

■アロマテラピーの源流と現在の広がり

 

 

古くからひとびとは、ごく身近にあった植物を薬草として食べたり、塗ったり、香りを嗅いだりして、傷や病気を治すために利用してきました。

日本でも、芳香植物は「香薬」と呼ばれ、薬の原料としての役割を担っていました。

世界中に広がり、受け継がれた植物療法は、体系化されて現代医学のもとになっていますが、中でも「香りのチカラ」に注目したのが、アロマテラピーの源流です。

 

 

■私の考えるアロマテラピーとは

 

 

アロマテラピーの目的や対象となる人とは(AEAJの定義を噛み砕くと)、

シンプルに香りが好きで植物の香りを楽しんだり癒されたいという方

美容や健康に興味をお持ちで今の健康な状態をキープしたり、更なる向上を目指したいという方

今現在、心身が不健康な状態でそれを改善したいという方

などがアロマテラピーの目的に適しているという事になります。

 

健康は男性、女性どちらにも当てはまる興味分野であり、良い香りでリラックスしたり、癒されたいという気持ちに年齢は関係はありませんので、アロマテラピーは様々な目的の為に老若男女が取り入れることの出来る自然療法だと私は考えています。

 

お部屋で精油の香りを楽しむ事がアロマテラピーなら、具合の悪い体の原因を心と体の両方から考え、適切な精油を選んでマッサージをする事もアロマテラピーです。

 

簡単に試せるけれど奥は深く、どまだまだ研究段階の精油も多い事から可能性を秘めた自然療法といえるかもしれません。 

 

 

 

※一部AEAJの定める定義や用語を引用しています。